社内の雰囲気を良くするための行動

企業を成長させるには

社内

社内を良くするために

社内の雰囲気や人間関係が良好な場合、その企業は成長出来ます。円滑なコミュニケーションや信頼関係は業務に対してもベストパフォーマンスで臨むことが出来るのです。

エンゲージメントの取り組み

最近では多くの企業でエンゲージメントという取り組みを意識しています。このエンゲージメントは社員同士の絆や企業と社員の結びつきなどを意味していることで、エンゲージメントが高いと会社が好きな社員が多いという事になります。

エンゲージメントを高めるには

エンゲージメントを高めるためには企業側で社員に対し行動を起こさなくてはなりません。社内レク、社員旅行、臨時ボーナスのような報酬といったものです。これらは一例として挙げられていますが他にも様々な方法があります。

社員同士の環境も重要

社員同士の仲の良さも職場環境に関係します。しかし、馴れ合いの場として利用されるのは業務に支障が起きるので上司や管理者によるリーダーシップも必要と言えるでしょう。

やりがいのある仕事

社員が業務に対してやりがいを感じているのであればエンゲージメントは比較的高いでしょう。またやる気のある社員に重要な仕事に参加させてみるという方法も刺激になり仕事に対しての意識も高まります。

企業が得られるメリット

エンゲージメントを高めることで社員の仕事に対する意識が変わります。また、社員自体が企業に対して愛着を持つので離職率を減らしたりすることが出来るようになるのです。

働いている社員に聞いた「仕事のやりがいとは」

働いた分だけ評価される

働けばその分評価に繫がる所ですね。しっかりと自分がやっていることには意味があるんだって思えます。毎日残業ですが、頑張りが認められている以上会社のために尽くそうと思います。

自分にしか出来ない

上司からこの仕事はお前にしか出来ない、って言われている仕事をしている時にやりがいを感じますね!頼られてるって気持ちと責任感の部分でいっぱいです。上司や会社のために完璧にこなそうという気持ちになります。

好きなことをやっているから

事務処理が好きで、たくさんの数をこなすと達成感があります。この仕事自体が好きな仕事なので、好きなことが出来ているから会社が好き、仕事が好きって思えますね。褒められた時にやりがいを感じますよ。

大きな仕事をやり遂げた時

大きなプロジェクトを達成した時にやりがいを感じましたね。うちの会社は社員の仲も良いからプロジェクトにも気軽に呼べるし、仕事の時は連携も取れているから、この会社で良かったーって思えます。

チームのために働くこと

転職してきた僕をみんな温かく迎えてくれました。今までこんな風にされたことなかったから戸惑ったのを覚えています。チームとして働いていますが、みんなの手助けが出来た時に仕事に愛着が湧きましたね。